学校経営

経営グランドデザイン

白鷹町立荒砥小学校

<た> 高め合う楽しい学校

<く> くじけない子ども

<ま> 学ぶことをや止めない教師

1 学校教育目標

1 勉強だいすき、かしこい子ども
学習意欲を高め、基礎基本の定着を図り、応用・活用する力を育てる。
2 心やさしく、正しい子ども
ふるさとの豊かさに関心を持ち、仲間を思いやりながら、規範を理解し、考えて行動できる力を育てる。
3 進んで行動、やりぬく子ども
目標に向けて、積極・果敢に取り組み、最後までやり通すことができる力を育てる。
4 みんなでスポーツ、きたえる子ども
「いのち」を大事にする心、健康・体力づくりに励む力を育てる。

2 学校経営の方針
校是「琢磨」を基本理念に、学習指導要領、第6次山形県教育振興計画、第5次白鷹町総合計画を踏まえ、公教育の使命を果たすことが本校学校経営の基底となる。探究型学習を推進しての学力向上はもとより外国語教育や特別な教科「道徳」への対応、健康教育やICT教育の充実、いじめ・体罰の根絶等、今日的課題を的確にとらえるとともに、学校統合4年目の成果と課題を明らかにして、「生きる力」の 育成につなぐ特色ある学校づくりを推進する。

(1)教育公務員としての使命を自覚し、信頼される教師としての自己確立と実践的な指導力の向上に努める。
(2)第6次山形県教育振興計画の趣旨「学び続け、地域とつながり、いのちをつなぐ」をふまえた創意ある教育活動を展開する。
(3)PDCAサイクルを機能させた組織マネジメントに取り組み、スクラップ&ビルドによる校務改善と働き方改革を推進する。
(4)授業改善に努め、学習の土台を支える「白鷹スタンダード」の徹底を図るとともに、生きて働く「思考力」、「判断力」、「表現力」(活用力)の育成に努める。
(5)児童理解と教育相談を充実させ、児童が安心して生活できる居場所づくりに取り組むとともに、いじめの未然防止、早期対応に全力で取り組む。
(6)児童一人一人の個性と能力の伸長をめざす言語・LD/LDHD通級指導教室(ことば・まなびの教室)経営に努め、白鷹町の期待とニーズに応える。
(7)学校経営評価、教職員評価、保護者アンケート、学校ウェブページ及び学校評議員制度等を積極的に活用し、地域に開かれた、信頼される学校づくりを推進する。
(8)多様な「地域の教育力」を積極的に活用し、地域の期待に応え信頼される学校づくりに努める。
(9)危機管理体制を整備し全職員が危機意識を高く保つとともに、児童生徒の安全・安心・安定の確保と職員のコンプライアンス、施設設備の管理に努める。

重点1 考える力の育成 【まなびと表現】
<求める子ども像>
(1) 学ぶ意欲をもち、基礎基本を確かに身に付けている子ども
(2) 自分の考えをもち、わかりやすく表現できる子ども
(3) 学び合い、考えを深めることができる子ども

<具体策> 

具体策1 考える力を育てる荒砥小メソッドを構築し、探究型学習を推進する
  ①他者を意識し、理由や根拠を明らかにして考える力の育成 (思考)
  ②「聞き、受け、返す」場を工夫した「深い学び」の実現  (交流)
具体策2 ユニバーサルデザインの視点を大事にし、基礎・基本の定着を図る
  ①学習の構えづくり (立腰、共通実践項目、学びのスタンダード7)
  ②確かな学力につなげる終末の工夫  (「習熟・定着」「振り返り」)
具体策3 読書活動を推進し、表現力や創造力を豊かにする 
  ①読み聞かせや親子読書の推進 (読み聞かせボランティアとの連携)
     ②授業に生きる図書文庫の整備 (図書司書の活用) 

重点2 つながる力の育成【いのちと自尊感情】          
<求める子ども像>
(1) 明るく元気なあいさつ、ていねいな言葉遣いができる子ども
(2)   お互いのよさを認め、思いやりの心をもつ子ども
(3)   きまりを守り、協力して取り組む子ども

<具体策>
具体策1 「いのちの教育」を基盤に,自他を大切にする心を育む
①学校から地域に広がる「あいさつ運動」
②自尊感情を高める活動 (自尊感情アンケート、紅花栽培、さん・くん運動)
具体策2  魅力ある学級づくりを進め、自己存在感や人間関係形成能力を高める
①生徒指導の機能を活かした温かな学級づくり (QU活用研修会)
②いじめの未然防止、早期対応 (子ども理解と教育相談)
具体策3  子ども主体の活動を進め、自己指導力を育てる
①規範意識を高める生活や活動 (自己解決できる児童会、学級会活動)
②地域行事への積極的な参加 (放課後子ども教室、地区運動会,文化祭等)

重点3 たくましい身体の育成【からだと自りつ】                                 <求める子ども像>
(1) 生活リズムを身に付けている子ども
(2) いのちを大切にして安全な生活ができる子ども
(3) めあてを持って、ねばり強く体力づくりに取り組む子ども

<具体策>
 具体策1 健康教育を推進し、健康を保持増進する実践力を育む
①セルフコントロール力の育成 (セーブメディア運動、学習会、默働)
②心と身体をつくる「食育」教育 (食育を主題とした学校保健委員会)

具体策2 安全教育と安全管理を充実させ、危険予知・危険回避能力を高める
①「生活・交通・災害」安全教育の充実 (緊張感のある避難訓練)
②地域と連携した安全環境・体制の整備 (Jアラート、子ども110番)
具体策3 挑戦する心を育て、達成感が実感できる体力づくりを推進する
①運動の系統性と適時性を踏まえた授業 (鉄棒運動、6年間体育カード)
②体育大会、競技会への積極的な挑戦 (町、地区、県大会での活躍)

4 今日的課題に対する学校としての考え方と取り組み
 (1) 連携・協働の取り組みを進め、子ども・保護者・地域から信頼される学校を創る。
① 第5次白鷹町総合計画後期基本計画を受け、地域の特色や人材を生かし、「笑顔かがやく白鷹の子ども」の育成を図る。

② 経営方針の説明、学校評価や行事等の公開を進め、開かれた学校づくりに努める。
③「保小懇談会」等、保・小・中の相互理解のもと、滑らかな接続、連携した取組を推進する。④  [白鷹町の子どもを育てる]という視点から、「白鷹スタンダード」の活用を推進する。

(2) 「わかる授業」を推進し、自ら考え、共に学びを深める子どもを育てる
①「ことばの力」を育て深く「考える」日常の授業づくりに意図的に的に取り組み、確か    な学力の向上を図る。
②  付けたい力を明確にした言語活動や必要感のある学び合いの充実、探究的な学習や単元        全体を見通した指導の推進により、考える力を育成する。
③   ねらいを明確にした表現活動や交流活動を設定し、交流の仕方を身に付けさせながら、    聞き、受け止め、返す双方向の交流を進め、豊かな表現力を育成する。
④ 速読、速写、暗算などのトレーニングや「立腰」を意識した姿勢の保持に取り組ませ、学   習の土台となる『集中力』を養う。
⑤「学びのスタンダード」や「家庭学習の手引き」を活用するとともに、「きらきらタイム」   「わかろうタイム」や家庭学習を充実させ、基礎基本の確かな定着を図る。
⑥ 3,4年外国語活動15時間、5,6年英語科のカリキュラムづくりを推進する。
⑦ 朝読書や読み聞かせ、親子読書等の活動を推進し、主体的な読者を育て、表現力や想像    力、言葉の力や考える力を高める。

 (3)  インクル-シブ教育の理念に基づく指導や支援を進め、持てる力を高める。
① 学校経営課題のひとつである「特別支援教育の充実」を受け、研修等を通して発達障害へ   の理解や適切な支援の向上を図る。
② 特別に支援が必要な子どもに対して、一人一人に応じた個別支援計画・教育支援計画を作   成・活用し、必要な支援や配慮を着実に行う。
③ 生徒指導の機能やユニバーサルデザインの視点を重視した授業づくりや学級づくり、子ど   もの教育的ニーズに沿った支援や教育相談を学校全体で進める。

(4) 「いのちの教育」を教育課程全体で推進し、自尊感情を高め、他者とつながる態度を育てる。
① いつでも、どこでも元気で明るいあいさつや会釈、ていねいで温かい言葉遣いができる    ように、日常的な指導と児童会や家庭の取り組みを一体化させながら推進する。
② 特別の教科「道徳」の研修を深め、道徳の授業改善、多様な交流や集団活動の推進を図り、   「命を大切にする心」や「思いやりの心」、「人間関係形成能力」を育成する。
③ 魅力ある学級づくりや特別支援教育の視点での指導・支援を進め、自己存在感を高める。
④ 「学校いじめ防止基本方針」に基づき、いじめの未然防止に向けた取り組みを推進する。
⑤ 教育相談や児童理解の充実を図りながら、学校生活の不適応や不登校の未然防止に努める。

(5) 安心・安全・安定した学校づくりを進め、健康でたくましい子どもを育てる。
① 「早寝・早起き・朝ごはん」等の生活リズムの改善やアウトメデイアの実践に家庭と連携して取り組み、セルフコントロール力を高め、健康的で望ましい生活習慣の確立を図る。
② 安全教育や訓練、「たくまっ子見守り隊」「子ども110番」等の家庭・地域と連携した安全ネットワークづくりを推進し、「生活安全・交通安全・災害安全」の充実を図る。
③ 運動が持つ特性や系統性、適時性を大切にした体育の授業充実と朝運動や外遊びの推進を図り、運動やスポーツの楽しさや喜びに触れ、自ら体力を高めようとする子どもを育てる。

5 特色ある教育活動の展開
知 学力強調月間
⇒ 6月と11月に実施する。月曜日放課後は全学年、火曜日6校時及び水曜日5校時は1~3年で個別指導を行うとともに、ナイス発問ウィークによる授業改善に努め、基礎基本の定着等学力の向上を図る。
 たくまバンド
⇒ 5・6年生全員で構成し、金管楽器・フラッグ等のメンバーで、運動会や地区レク大会での発表、3学期に新メンバーへの移杖式を行う。
 初等教育研究会
⇒ 年1回8月に筑波大学附属小学校から講師を招聘し、授業力向上研修を行い、教職員の授業力の向上を図る。
 あいさつ運動
⇒ 学校から地域に広げる「あいさつ運動」の児童会として取り組みと ともに、あいさつ名人を広げる活動等を盛り上げる。
 朝の体力づくり
⇒低・中・高学年に分かれて週1回朝の時間に実施し、体力の向上と運動の日常化を図る。
 生活リズム
⇒ 年3回強調週間を設定し、家庭と連携しながら生活リズムの見直し改善と質の向上を図る。
 地域の先生
⇒ 総合やクラブ活動等で地域の方から指導いただき、地域のよさを学ぶ学習を深める。
 たくまっ子
⇒ PTA全会員が見回り隊・見つめ隊・声かけ隊のトリプルアクション見守り隊で、子ども達の安全確保に努める。

 たくまっ子

⇒ 2年時の紅花栽培から3年総合的な学習での「べにばな学習」を段階的に仕組み、種まきから花摘み、べに餅づくりから染色までの一連の体験活動を総合的な学ぶ。

 

学校経営構想(30)